アパレル店員の副業は水商売よりチャットレディ 給料安いつらい生活を改善できる

アパレル店員の副業は水商売よりチャットレディ 給料安いつらい生活を改善できる

こんにちは。丸山です。

大学時代の後輩でアパレル店員をやってる娘がいるんですけど、たまに一緒にご飯食べて仕事のことを聞くんですけど

「一人暮らしで給料が安くて生活がカツカツです」
「手取りが13万円くらいでボーナスもろくにない・・・年収が200蔓延ちょっとです(;´Д`)」
「販売ノルマがあって、ノルマ行かないと7掛けだけど自腹切るときもあります」
「いつも同じ服じゃいけないんで、自分の服を買うのも自腹でお金が無い」
「このまま続けていても、給料も上がらないし収入のイイ男性と結婚するしかないのか??」
「服が好きとかブランドが好きとかだけじゃやっていけないのかも・・・・」

とだんだんとアパレル店員の仕事の現実が見えてきたみたいですね。特に給料が安いってのが致命傷なんですよね。

年収で200万円行くか行かない科ってのがかなりキツイ。下手なバイトよりも稼げないのがアパレル店員です。

見るに見かねて後輩にはチャットレディの副業を勧めておきました。このサイトで一貫してアドバイスしてるバイトです。

アパレル店員は給料が安いのはもう世間的には知られたことですね 服が好きブランドが好き、華やかな業界が好きってことでアパレルやってるわけですけど

もともと、アパレル店員の給料は安いってのは、情報でだいたい知られていますからね。

「仕事がキツイのに給料が安い」って業界は、介護・保育士・アパレル・販売・・・・といったこのあたりです。

服を扱う業界って全体的に低いんですよね。

参照 パーソナルキャリア

特に私の後輩が働いてるアパレル会社は給料が安いのがわかります。年収200万円ちょっとしかいかないってことが衝撃ですよ。

一応正社員なのに、年収が200万円台ってそんなの

「お前の生活はどうでもいいだろ、あこがれのアパレル業界で働けるんだけら我慢しろ」

って言われてるみたいですね。私もショボイOLやってますけど年収300万円いくかいかないかくらいです。いかにアパレルの仕事が給料安いかってのがわかりますよね。

給料安いだけじゃなくて、自分で服買ったりして自腹切りますし、ノルマ行かなかったら、余った服買わされたりということもよくある話です。

給料が激安なうえに、なんか服とか買ってお金なんて残りませんよ。

しかも一人暮らしだったら家賃5万くらいかかって、水道光熱費で1万、食費で2~3万円はかかるんで、自分で使えるお金なんて残らないわけです。

「生きていくだけ」

で貯金もできないで生活していくことになるわけです。よく、アパレル業界が

「社員は使い捨て」

とよく言われるのがわかりますね。それでも「服が好き」「ブランドが好き」と若い娘はアパレル業界に入ってくるわけです。なんか現実がひどすぎて怖いですね。そんな後輩は一人暮らしでカツカツの生活でマジでヤバそうでした。

アパレル店員やってる大学時代の後輩のY紀子(25歳)は一人暮らしで給料が安くて生活がカツカツ でもアパレルは辞めたくないみたいな・・・

だから副業をチャットレディの副業を教えておきましたよ(;´Д`)

大学の後輩のY紀子はアパレル店員も3年目ですけど、一人暮らしで生活がカツカツです。

手取りが13万円くらいで、ボーナスも出ない・・・と典型的な「ブラックアパレル企業」ってやつですね。仕事もこの低賃金で販売ノルマもあって、自腹で服を買うこともあるみたいで、しかもY紀子は一人暮らし・・・・普段の給料だけだとカツカツで

「生きていくことしかできない」

って感じです。

そんな生活を続けていると、好きで入ったアパレルの仕事にもだんだんやる気がなくなってきたんですよね。

「仕事はきついのは我慢できるけど、お金が無いのはかなりつらい」

ということを言っていたY紀子を見かねてチャットレディのバイトで副業をやってる私のことをそれとなく話しておきました。

私のチャットレディ歴は大学生のときにデリヘルのバイトをやっていたけど、限界がきてチャットレディに路線変更したってわけです。OLになってからもやってるんでもう5年ですね。週に2~3回くらい、だいたい2~3時間とかやることで月に5~10万円くらい稼げてるよ・・・と話しておきました。

Y紀子もアパレルの仕事は忙しくて、副業やるっと言ってもフツーのバイトとかをガッツリやるのは無理ですし、水商売とかも時間的にむつかしいですしね。

チャットレディのバイトなら、「スキマ時間に2時間とか仕事ができる」っていうわけです。そして時給も「3000円~5000円」くらいはもらえるわけですね。

そう他に副業やると言っても選択肢が無いわけですよ。副業で家で内職とかするのも効率が悪いですし、Y紀子も不安があったみたいですけどチャットレディをやってみたわけです。

チャットレディをやってみると、アパレルで接客をやっているので「男性と直接会わずにモニター越しで話す」っていうのはY紀子にとってメチャクチャ楽勝でした笑。下ネタ話す男性、キモい男性とかもいますけど、アパレルの仕事のクレーマーに比べたら楽なもんです。

Y紀子もスキマ時間にチャットレディのバイトを入れていって、最初の月でも5万円ほどかせぎました。最近では10万円くらいいく月もあって

カツカツの生活から脱出したわけです。

「先輩ありがとう」

となんか感謝の言葉までもらってしまいました。仕事がキツイ女性にとってこういった効率のイイバイトってのは選択肢としてめっちゃ貴重なんですよね。

アパレル店員を続けるためにも副業はやったほうがいいってことです 副業でも「スキマ時間でできる時給が高い」ものが最適ってことすね


アパレル店員ってのは、若い娘があこがれを持って就職し来ますけど、現実の仕事は「給料の安い営業職」と同じなんですよね。

どれでも「服が好きだから・・・」という理由で我慢して続けていても、給料がカツカツでは生きていくのもつらいです。

アパレル続けるにしても、転職を視野に入れるとしてもどのみち副業やっていかないと、「生活が成り立たない」ってのは正直かなりきついですからね(;´Д`)

アパレルの仕事はシフトも厳しくて拘束時間も長いんで、チャットレディのような

「自分である程度自由にシフトを組める」

「スキマ時間にバイト2時間とか入れられる」

っていうバイトじゃないと正直きびしいです。あと

「直接男性と会うことなくトークしてお金をもらえる」っていう数少ない仕事です。水商売でも男性と直接対面してお酒飲んだりする仕事ですからね。

うまくこういったバイトを利用して、アパレルの仕事で給料が安くても、生活を楽にしてくことはできるわけです。あっぱり副業は効率がいいのを選ぶとうまくいくということですね。