初心者がチャットレディのバイトをするなら「プロダクション」に入ったほうがイイ理由

こんにちは。丸山さゆみです。

チャットレディの仕事(バイト)が初めての場合、どうやっていいのかわかりません笑。そりゃそうですよね。だからプロダクションに入って

「チャットレディの仕事のやり方」

ってのを教えてもらったほうがいいわけです。

結論を言うと初心者の人は「チャットレディのプロダクション(事務所)」に入ったほうがいいです。プロダクションというと有名なところでは

「ポケットワーク」

「FANZA」

→参照:ポケットワークの詳細はコチラ

→参照:FANZAの詳細はコチラ

などが有名です。こういった事務所に所属して、通勤してプロダクション(事務所)でチャットレディのやり方をアドバイスしてもらうのがチャットレディでうまく稼げるようになる鉄板の方法ですね。

芸能人でも、事務所のフォローがあれば売れるのと一緒のイメージです。

ここではプロダクションに入ることのメリットを見ていきましょう。

服装・髪・メイク・声の出し方・アングル・自分の身体のさわり方などのテクニックを教えてくれる 特にアダルトチャットのテクニックは稼ぐためにはとても大事です

プロダクション入ってまずは「チャットレディのやり方」を教えてもらうのが、ものすごく大切です。

プロダクションにはチャットレディで「稼ぐ」ノウハウがあるので、それを無料で教えてもらえというのはすごいメリットなんですよね。

私も最初はプロダクションに入って通勤チャットディをやってました。

その時に教えてもらったことは

なるべく男性と長く会話するチャット会話テクニック
服装・髪型・メイクなど男性受けする方法
服のじらしながら男性を興奮させる脱がせ方
アダルトチャットのテクニックとして、声の出し方、自分の身体のエロいさわり方、画面に対してどんな感じでそれをやっていくのか?
男性客がどうしたらリピートしてくれるようになるか

こういったことを教えてもらいました。

特に大事なのは、男性のスタッフからアドバイスをもらうことです。服装や髪形やチャットレディとしてのキャラづくりなども

「男性が好きなアダルト要素」

ってのはやはり男性でないとわからないんですよね。ライブチャットでお金を使ってくれるのは男性なので、それが給料を上げるのにはメッチャ大事なんですよ。

私はもともとデリヘルをやっていたので、チャットレディなんて「楽勝だろう」と舐めていましたけど、チャットレディにはチャットレディのノウハウというものがあるんですよね。それを初心者のうちに教えてもらうと、仕事がめちゃくちゃ楽になります稼ぎやすくなります。

私がチャットレディをやってた時の体験談:26歳OLの私が副業でチャットレディに行きついた体験談

個人情報・プライバシーのの管理をしてくれる

プロダクションに入ると特に

個人情報とプライバシーの管理を徹底してくれます。個人でプロダクションに所属していないと、こういった部分がルーズになりやすいんですよね。

やはりプロダクション(事務所経由)でチャットレディをやると、自分の情報がもれる心配が無くて安心して仕事ができます。

給料の源泉徴収をしてくれるプロダクションもある 給料を源泉徴収してくれれば確定申告しなくていい

プロダクションによっては、普通の会社のようにチャットレディでもらえる給料を

「源泉徴収」

してくれるプロダクションもあります。これはプロダクションによって違いがるので、プロダクションに入ったら給料が源泉徴収されるか聞いてみましょう。

チャットレディの報酬は普通は「事業所得」になっていて確定申告が必要になるケースが多いです。

事業所得とかわかりにくいですけど、詳しくはこの記事を三書してみてください。

参照記事:チャットレディは普通のバイトと違う「事業所得」で税金の確定申告が必要です

プロダクションに入ったほうがイイ理由のまとめ

プロダクション(事務所)に入ると、

初心者がチャットレディのノウハウを簡単に教えてもらえる→やりやすいし、早く稼げるようになる

個人情報などが流出する可能性がきわめて低くなる

というメリットがあります。給料のことについても相談しやすいので、チャットレディ初心者はなるべく大手のプロダクションに入ったほうがイイということです。

チャットレディとして稼げるようになったら、より給料のいいプロダクションに移籍したりするのがいいでしょう。

まずは、チャットレディとしての仕事を教えてもらって、一人で稼げるようになるためにもプロダクションにアドバイスを求めてノウハウを教えてもらうのが最優先なんですね。