チャットレディの通勤と在宅の違い 給料・やりやすさ・安全性違いってどうなの?

こんにちは。丸山さゆみです

チャットレディでの仕事のやり方で

「通勤チャットレディ」と「在宅(自宅)チャットレディ」

って2つのやり方があります。

チャットレディの事務所の「チャットルーム」に通勤してチャットレディをやるのと、自宅でパソコンのウェブカメラ使ってチャットレディをやるのの違いです。

結論を言うと

「通勤でかよってチャットレディをやるか」

「在宅(自宅)でチャットレディをやるか」って違いだけです。

しかし、意外と細かい違いがあるので、その違いを見ていきましょう。

仕事のやりやすさのちがい

通勤チャットレディの場合は、事務所の「チャットルーム」に通って仕事をします。だから、チャットルームって、女の子らしいカワイイ

部屋が「用意されて」います。すでに男性が好むような部屋の様子がばっちり整っているので楽です。ただ、チャットルームに入って仕事を始めればいいわけですからね。

それに、通勤チャットレディの場合はライブチャットの事務所にスタッフもいるので、やり方とかを相談できますし初心者が仕事を始めるには通勤のほうが楽です。

通勤ならチャットレディの仲間とかもできるし、男性受けがいいしゃべり方とか、メイクからコスプレなんかを教えてもらえますしね。相談を受けながらチャットレディの仕事をマスターしたいってなら通勤をするのがメリットがあります。

在宅チャットレディは、自分の家でパソコンのウェブカメラ使って自分の部屋からチャットします。

だから自分の家のつくりを女の子っぽくしたり、それなりにしたほうがいい・・・みたいなめんどくささはあります。

それに事務所のスタッフがいるわけではないので、チャットレディの仕事について直接相談したりすることができないので、どっちかっていうとチャットレディをやったことがあるとか、もともと水商売とかやってて話ができるとか、主婦で通勤できないっていう人やってる感じですね。、

仕事の給料の違い

これはぶっちゃけ

「在宅チャットレディのほうが給料がイイ」

です。在宅チャットレディは、自分の部屋でやって自分のパソコンのモニター使う分、通勤チャットレディよりも給料が高いです。

通勤より在宅のほうが1.5倍~2倍くらい給料が高いイメージです。

その代わり、在宅っチャットレディでは、部屋セッティングからメイクから衣装(コスプレ)まで自分でやらなければいけないってことです。

これを考えてみると、初心者は通勤チャットレディでチャットレディのやり方を覚えて、ある程度できるようになったら、稼ぎが良くて時間の自由が利く「在宅チャットレディ」をやっていくってのがいいでしょう。

チャットの待ち時間の違い

チャットレディの仕事って、チャットレディとして人気者になってしまえば、すぐにでも男性がチャットに入ってくるので「待ち時間」ってんは無いですけど、

始めたばっかりとかは、男性が入ってくるまでは、相手がいないので「待っている時間」ってのが出てきます。

通勤チャットレディだと、せっかく通勤してライブチャットにインしても、町井間があったりすると、その時間は給料にはならないわけです。

通勤していて専用のチャットルームで男性が来るのを「待っている」っていうことになります。ある意味時間がもったいないですね。

在宅チャットレディなら、もしチャットで男性が入ってこなくて待っている時間があれば、読書をし足り家事をしたり、身の回りのことができるわけです。そういった感じで在宅チャットレディのほうが時間を有効に使えるってのがありますね。

あと、おまけですけど、在宅チャットレディは「通勤する時間」ってのも無いので、かなり時間を効率よく使えることができます。ここが大きな違いですね。

安全性の違い

通勤チャットレディやってるといわゆる「ストーカー」ってのに絡まれる可能性がゼロではないんですね。

と言っても、チャットレディとして通勤してる事務所とかの場所がバレるとかってこともめったなことはないですけど、それでもストーカーって奴はそういうの突き止めるの得意ですか、通勤チャットレディやってるとストーカーとかに会う可能性もゼロではないです。

在宅チャットレディなら、家の場所がバレることってないですしそういう意味では在宅チャットレディのほうが安全性は高いです。

通勤チャットレディと在宅チャットレディの違いのまとめ

チャットレディの「通勤」と「在宅」の違いをまとめます。

通勤チャットレディをまとめ

「通勤することでチャットレディ初心者が安心して仕事を始められる
「チャットルームが用意されているし、事務所のスタッフにチャットレディのやり方などを相談できる」
「チャットレディの友達などができる」
「給料は通勤チャットレディのほうが低い」
「待ち時間とかに自分のことができないで待っているだけ」
「ストーカーなどにあう可能性がゼロではない」

在宅チャットレディまとめ

「自宅でチャットレディをやるので、部屋を準備したり衣装を準備するのがめんどくさい」
「通勤と違って事務所のスタッフにやり方やノウハウを聞く相談ができない」
「チャットレディの友達ができない」
「在宅チャットレディのほうが給料がイイ 1.5~2倍くらいの給料がもらえる」
「在宅なら男性を待ってる時間とかに家事や雑用などができる」
「ストーカーに合う危険はほとんどなくて安全性が高い」

こいったところです。通勤と在宅の違いがわかって自分がどっちのタイプでチャットレディをやるかを決めるとイイでしょう。

OLの副業としてやっている私でも、最初は通勤でチャットレディの「やり方」を覚えたかったので通勤でやってました。その時の様子は下記の記事を参照にしてください。

参照記事:26歳OLの私が副業でチャットレディに行きついた体験談