在宅チャットレディは部屋がかわいくてキレイだと稼げる プロダクションのチャットルームを見るのがベター

在宅チャットレディは部屋がかわいくてキレイだと稼げる プロダクションのチャットルームを見るのがベター

こんにちは。丸山さゆみです。

在宅チャットレディってのは「自分の家の部屋でライブチャットをやる」ってことです。在宅のほうが通勤よりも報酬が高いので在宅でチャットレディができるなら、そっちの方が稼げるわけです。

しかし、在宅でチャットする場合

「衣装・部屋のをつくるなどを自分で用意する」

っていうデメリットがあります。

これってチャット事務所(プロダクション)に通勤してやると「チャットルーム」で仕事をしながらスタッフにチャットレディのやり方(ノウハウ)を教えてもらえることができます。

特にチャットルームでは、経験豊富なスタッフが「かわいいかんじの部屋」「男性受けする部屋」を作っているので、とても参考になります。

在宅でチャットレディをやるのは「自分で」部屋のイメージをかわいくつくる必要があるのでそれが苦手な人は通勤チャットレディで「チャットルーム」を見たほうがイイ

在宅せチャットレディをやるときに特に悩むのが

「かわいい部屋つくり」

ってのが悩みます。もともとセンスのある男受けする部屋を作れ人はいいんですけど、そうでない人はちょっとでも通勤チャットレディをやってみて

経験豊富なスタッフが作った「チャットルーム」を実際見てみるのが一番手っ取り早く雰囲気をつかめてベターです。

チャットルームの部屋の雰囲気はこんな感じです。
チャットルーム

チャットルーム

チャットルーム

チャットルーム

チャットルーム

チャットルーム

チャットルーム

白やピンク、うすい緑など「かわいい癒しの雰囲気がある」色をベースに部屋がつくられています。

じっさいに在宅チャットレディで自分の部屋を完全に再現するのはむつかしいですけど、色の使い方とか家具とか、クッションの置き方とかとても参考になります。

画像で見るのと、じっさいにチャットルームをつかってやってみるとでは、かなり感覚が違うので一度はこういった通勤をして「チャットルームを使ってみる」のがベターです。

それに、やっぱり通勤をするとスタッフにチャットのやり方からテクニックを相談できるので、初心者のうちはとても助かります。

なかなか最初からガンガンとチャットレディを仕事をできる人って、もともと水商売とか接客業をやってたとか男性相手の仕事についていた人が多いですからね。ちょっとづつ慣れていくってのはいがいと大事なポイントです。

通勤チャットレディでも変な事務所だとチャットルームが汚かったりするので、大手のプロダクションのチャットルームを使うのがベター

在宅チャットレディをやる前に、通勤チャットレディをして「チャットルーム」の雰囲気を見ておくことをおススメしていますけど

チャットレディ業界でも事務所は星の数ほどあるわけです。特に、怪しい事務所でどこかのアパートの一室を使ってやってる的な事務所もあります。

そういった事務所はチャットルームも汚かったり、ショボかったりするので気を付けたほうがいいです。

一番いいのは、大手のプロダクションを使うのが安全です。チャットレディJPやポケットワークなどが大手プロダクションですね。

このあたりのプロダクションなら「怪しい」「チャットルームが汚い」ということはないので、安心して通勤でチャットレディができます。

キレイなチャットルームっでライブチャットやるとやっぱりテンション上がって、いい仕事ができますからね。この違いは大きいです。

私も最初は通勤チャットレディをやっていて、チャットルームの雰囲気を覚えたので在宅でやるときとても楽ですよ(^O^)

私も最初は通勤チャットレディでやっていました。チャットレディ自体をやったことが無かったですし、どうやっていいかもわからなかったですからね(;´Д`) 

しかし、通勤で三か月くらいやればかなり、チャットレディの「コツ」をつかむことはできました。ノンアダルトから入ったんですけど、OLになってからはアダルトチャットレディを在宅でやっていきましたね。そのころにはチャットレディの仕事が「楽しい」まではいかないけど

男性と話すのが嫌ではなくなっていましたね笑。たまに楽しい会話もできるので、なんとかチャットレディを続けています。

やっぱり、最初に通勤をして、チャットルームとかの雰囲気を見ておいたのが、在宅で自分の部屋をチャット用にするのがとても楽でした。

自分の部屋をかわいく男性うけがいいかんじに作れてるのはやっぱちゃとーむを見ておくと本当に楽でしたよ(^O^)/