チャットレディでの確定申告する方法 学生も主婦も副業も申告が必要ですよ

チャットレディでの確定申告する方法 学生も主婦も副業も申告が必要ですよ

こんにちは。丸山さゆみです。

チャットレディをやってると、けっこうお金が稼げてしまいますよね笑。年が明けてチャットレディで意外とお金稼いでしまったわよ・・・

ってときに、あれ?

「確定申告ってしなきゃいけないの?」

っていう心配がありますからね(;´Д`)

結論言うと、ある程度のおかねをチャットレディで稼いでしまうと「確定申告はしなければいけない」です。

これって、普通の会社なら会社で税金を天引きしてくれるからです。源泉徴収って言って会社だと年末に税金を調整しますよね?あれでOKになります。

チャットレディでもらったお金って「事業所得」か「雑所得」ってやつで一定以上のお金を稼ぐと確定申告が必要になっちゃうわけです。

「じゃあ一定以上のお金ってどのくらい?」

ってのを見てみましょうね。

※事業所得・・・本業としてチャットレディをやった場合にはもらったお金は事業所得になります

参照:事業所得 国税庁

※雑所得・・・いわゆる会社とかに勤めてて副業でチャットレディやってもらったお金は雑所得です

参照:雑所得 国税庁

チャットレディで確定申告をしなきゃいけないケースって2つの条件があるんですよね

チャットレディが確定申告しなくちゃいけないのって

チャットレディを一本でやってる人(本業でやってる人)は年間38万円以上の所得がある時
チャットレディを副業でやってる人(OLとか会社員)は年間20万円以上の収入があるとき(給料以外に20万円ってことです)

★所得税の申告は20万円以下では不要です
★住民税の申告は20万円以下でも住んでる地域によって申告が必要です。

チャットレディの所得の計算方法

「所得」が38万円以下とか20万円以下ってなってるけど・・・「所得って何?」ってところですよね。

所得っていうのは

「所得=チャットレディで1年で稼いだ金額(振込額)-経費」

ってことです。

そう、チャットレディで稼いだお金から「経費」ってのを引いた額が38万円や20万円以上の時は確定申告をやらなきゃいけないってことです。わかりにくいですよね(;´Д`)

「チャットレディで稼いだお金がそのまま所得じゃなくてそっから【経費】ってのを引いたお金が所得だよー」

って覚えておけば大丈夫です。

「じゃあさあ、もらったお金から引く【経費】ってなに??」

っていうところですね。【経費】ってやつを見てみましょう。

経費ってどんなものを経費にできるの?? 意外と多いですよ経費にできるものって これで所得に金額減らして節税しましょう

経費ってのは

「チャットレディをやるために使った費用」

ってことになります。実際に見るとたとえば

チャットレディのために買ったパソコンとかマイクの代金(雑費)
チャットレディのために買ったコスプレ衣装(雑費)
メイクに使ったメイク用具(雑費)
チャットレディで使ったネット通信代金(通信費)
通勤チャットレディで使った交通費(交通費)
チャットレディの事務所の人と打ち合わせした時払った食事(交際費)

などなどです。

チャットレディの仕事をやった時にかかった費用・・・・・経費

ってことになります。

「所得=チャットレディで1年で稼いだ金額(振込額)-経費」

なので【経費】をちゃんと引いていくと、所得が減りますよね。だからめっちゃ

「節税効果が上がる」

わけです。

だから、経費をキチンと上げていくと所得が減って税金を払う金額が節約できます。

参照 やさしい必要経費の知識 国税庁

これで所得ってのがわかりました。じゃあ、実際いくらくらいの所得でどれくらい税金払うんでしょうか?見てみましょう。

確定申告っていくら稼ぐといくら税金をはらはなくちゃいけないの??

どのくらい税金を払うの??っていう心配もありますよね。

具体的にはこの表のように所得税を払うことになります。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

参照 所得税の税率 国税庁

計算は簡単です。たとえば

26歳OLのチャットレディ

チャットで稼いだお金(振込額)が250万円

経費が12万円

控除が10万円の場合(控除額は人によって違う)

の場合

(250万円-12万円-10万円)×10%-9.75万円=13.05万円(13万500円)

 

専業主婦のSさん36歳(チャットレディ本業)

1年でチャットで稼いだお金(振込額)420万円

経費が35万円

基礎控除が38万円(控除額は人によって違う)

(420万円-35万円-38万円)×20%-42.75万円=26.65万円(26万6千500円)

 

となります。

実際には申告すると控除額とかは人によって違いますけど、おおまかにはこんな感じです。

この所得税に加えて市町村ごとに「住民税」もかかります(;´Д`)

※住民税は確定申告をした金額から市町村が納付書を送ってきます。

参照記事: 身バレしないために住民税を普通徴収にしよう

だから、チャットレディで稼いだお金と経費がわかれば、だいたい税金で払う金額がわかります。稼いだお金を全部使ってしまうのは怖いので残しておきましょうね。

確定申告のながれ 実際に申告してみましょう

確定深刻の流れは

①チャットレディの1年(1~12月まで)の収入を計算する
②経費を調べて収入から引いて「所得」を出す
③申告書を作る
④書類作って(青色申告・白色深刻か選んで)提出して税金を払う

です。順番に見ていきましょう。

チャットレディの1年(1~12月まで)の収入を計算する

チャットレディの仕事でもらった報酬を1年分計算します。

確定申告って2/15~3/15にあるんですけど、申告するのはその前の年の1月~12月までの収入を申告します。

年が明けたら、前の年にもらった給料の明細や通帳を見て、チャットレディで稼いだ1年のお金を足し算して出しておきましょう。

経費を調べて収入から引いて「所得」を出す

さっき、上で説明した【経費】を調べておきましょう。

【経費】はチャットレディの仕事をするのにパソコンとかネットの利用料とかコスプレ代金ですね。

こういったものの

「領収証」や「ネットの使用料の明細」

ってのは保管しておきましょう。いまどきはウェブ明細もあるでしょうから、そういったものの画像とかを保管しておいて後で印刷すればOKです。

とにかく、経費でお金を払ったらレシートでもウェブ明細でもいいので、

「これは経費だな」

と思ったら保管しておくのがベターです。

申告書を作る

確定申告の申告する用紙ってAとBがあるんですけど、どれを使うか見てみましょう。

参照:確定申告申込用紙 国税庁

チャットレディが副業の場合(雑所得)

申告書A・BどちらでもOK

チャットレディが本業の場合(事業所得)

申告書Bを使います

※申告書A・Bの違い・・・・申告書Aは所得が「給料」「雑所得」「株の所得」のみとかで簡単な納税の人のための用紙です申告書Bは個人事業主や所得が大きいい人用のものです。申告書Bは「白色申告」だけじゃなく「青色申告」もできるわけです。

参考・白色申告と青色申告の違い

白色申告

青色申告の申請をしない人がする申告の方法です。

毎年申告しない人や、個人事業主として開業してない人向けの申告方法です。

ただ、白色申告でも帳簿の保存(5~7年)が義務になったので、青色申告とそんなに手間が変わらなくなってしまいました。

青色申告

所得税の青色申告承認申請手続を提出して、青色申告をすることができます。

参照 所得税の青色申告承認申請手続 国税庁

青色申告をすると10万円の控除と65万円の控除を受けられます。この65万円の控除はデカいです。

他にも税金の特典もあるので、チャットレディで100万円以上とか稼いでしまったら青色申告のほうがメリットがあります。

私は会計ソフトつかって青色申告でやってます。簡単にできるんで助かっています。

 

申告書の種類  節税効果
白色申告
青色申告(控除10万円) 中 
青色申告(控除65万円)

 

確定申告をしないと延滞税とか取られるんで、確定申告はやっておきましょう!

チャットレディで年間38万円以上や20万円以上稼いでいるのに申告しないと・・・

無申告加算税

申告期限(前年の収入だったら翌年の3/15まで)を過ぎてしまうと、払う税金の金額にさらに上乗せで15%~20%が加算されてしまう。

延滞税

申告期限までに納税しないと、延滞税も取られます。

確定申告しないとあとで余分な税金を取られますし1ミリもメリットはありませんからね(;´Д`)

チャットレディで稼いだら確定申告はしなければいけないわけです。メントクサいですけど必ず申告しましょう。

チャットレディの確定申告のまとめ

チャットレディは本業なら所得が38万円以上、副業なら20万円以上のときは確定申告が必要
1年で稼いだ金額で大体の税金の額はわかるので、お金を全部使わないようにしよう
所得=チャットレディでもらった報酬-経費
経費の領収書は保管しておこう
確定申告は副業なら申告書A、本業なら申告書Bを使う
白色申告と青色申告がある

青色申告のほうが税金を安くする効果が高いです

確定申告ってめんどくさいですけど、私もやってみると割と簡単にできるのでそこまで不安になる必要はないですよ。

税務署とかで確定申告の無料相談をやっていることが多いので、確定申告の時期になったら相談するしてみるのもいいでしょう。